四郎國光

四郎國光

日本刀の切れ味を現代に再現した包丁

九州の筑後国(福岡県大牟田市)にあった柳河(柳川)藩で代々刀鍛冶を営む一門。創業は江戸時代の天明6年(1786年)で、昭和14年に行われた「全国試し切り大会」では切れ味日本一の称号を手にした。現在も5人の刀匠を擁し、脈々と受け継がれた技術を生かした日本刀、包丁の製作・販売を行っている。毎年行われている新作刀展において、優秀賞、努力賞など受賞多数。「切れ味他に類なし」をモットーに日本刀と同じ製法で一本ずつ丁寧につくられた包丁は、卓越した鋭い切れ味を持ち、プロの料理人からも高い支持を得ている。

 

“四郎國光”のブランドストーリー
「刀匠の技が光る包丁」
Close (esc)

NEWSLETTER

More stories about Japanese crafts and cultures to come!

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

Shopping Cart

Your cart is currently empty.
Shop now