日本 カフェ コーヒー文化 今村 エスプレッソ

日本が育む豊かなコーヒー文化

世界中で愛されているコーヒー。日本も例外ではない。あるアンケート調査によれば、緑茶や紅茶を圧倒して日本人の7割近くがコーヒー派だったという。お茶の国、日本で、なぜこんなにもコーヒーの人気が高いのか。今回は、独自に発展を遂げてきた日本のコーヒー文化について考察する。

 

日本におけるコーヒーの歴史

日本にコーヒーが伝えられたのは、江戸時代の初期。鎖国中の日本で、唯一他国との交易が許されていた長崎・出島にオランダ商人が持ち込んだのが始まりとされている。

日本で初めてコーヒー飲用体験を記したのは、江戸文化を代表する文人、大田 南畝(おおた なんぽ)。随筆『瓊浦又綴(けいほゆうてつ)』の中で「焦げくさくして味ふるに堪へず」と感想を述べている。この一文が象徴するように、当初は日本人の口に合わず、受け入れられなかった。

日本のコーヒー文化が花開いたのは明治時代のこと。開国して、文明開花の波が押し寄せると、西洋文化への憧れから、コーヒーを積極的に取り入れるようになった。喫茶店がいくつもオープンし、文化人たちがこぞって通ったという。

以降、全国各地に喫茶店が増えていくに伴い、人々がコーヒーを愛飲する習慣も少しずつ根付いていった。

 

日本人がコーヒーを好むのはなぜか

日本人は良くも悪くも「新しいもの好き」の国民性で、伝統を大切にしながらも、他国の文化を積極的に取り入れようとする気質がある。さらに、新しいものを取り入れるだけでなく、自国流にカスタマイズすることにも長けているのが特徴だ。

西洋文化の象徴だったコーヒーは、そんな日本人の心をくすぐったのだろう。今や、多くの日本人にとって、コーヒーは欠かせない飲料となっている。

喫茶店に立ち寄れば、ホットからアイス、ドリップからエスプレッソ、砂糖やミルクが入っていないブラックコーヒーからこってり甘いものまでさまざまな選択肢がある。

また、自動販売機やコンビニで購入できる缶コーヒーのレベルも高い。ブラック、微糖、加糖、ミルク入りなど、実にバラエティー豊かだ。

家庭やオフィスなどでは、お湯を入れて混ぜるだけの「インスタントコーヒー」や、特別な道具がなくても本格的な味を楽しめる「一杯抽出型ドリップパック」なども人気がある。

このように日本でコーヒーが独自の発展を遂げてきたのは、細部まで完璧を追求する、ものづくりの精神が根底にあるからかもしれない。

日本 カフェ コーヒー文化 今村 エスプレッソ

 

日本ではドリップコーヒーが主流

ヨーロッパではエスプレッソが多いのに対し、日本ではドリップコーヒーが主流だ。昔ながらの喫茶店では、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧にコーヒーを淹れてくれる。

サードウェーブコーヒーの火付け役とされ「コーヒー界のApple」とも呼ばれているアメリカ発の「ブルーボトルコーヒー」が、日本の喫茶店に影響を受け、1杯ずつハンドドリップでコーヒーを淹れるスタイルを貫いているというのは有名な話だ。

どうして日本ではドリップコーヒーが主流なのか。もしかしたら、茶道の「もてなし」の美学が色濃く残っているからかもしれない。茶道では客人の目の前でお茶を点て、最高の1杯を差し出すために心を尽くす。

ただお茶を飲むだけでなく、茶室のしつらえや器の美しさを楽しめるのも茶道の醍醐味だ。茶の湯から発展した日本の喫茶店には、内装や家具、カップひとつにもこだわった、個性豊かなところも多い。

日本の喫茶店に立ち寄ると、その細かなサービスに驚くかもしれない。その心配りは「お客さんに喜んでほしい」という思いから生まれたのだろう。

日本 カフェ コーヒー文化 今村 エスプレッソ

 

日本には他国にはない、さまざまなコーヒーの楽しみ方が存在している。

日本のコーヒー文化に倣い、新しいコーヒーの楽しみ方を見つけてみてはいかがだろうか。ブレイクタイムをより充実させてくれるに違いない。

 

コーヒーに関連するストーリー

Older Post
Newer Post

NEWSLETTER

日本の伝統工芸や文化に関するストーリーをお届けします

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

Shopping Cart

Your cart is currently empty.
Shop now