tetsubin, japan, craft, art, kimono, katana

鈴木盛久工房

岩手県が世界に誇る伝統工芸品「南部鉄器」の老舗

岩手県盛岡地方で、江戸時代から400年続く南部鉄器の老舗。1641年(寛永18年)に、鈴木縫殿家綱が本国甲州より御用鋳物師として召し抱えられて以来、代々鋳物師として南部藩に仕えてきた。昔ながらの技法を受け継ぎながら、現代のライフスタイルに溶け込む南部鉄器をつくり続けている。1974年には、13代盛久(鈴木繁吉)が国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定され、名工「鈴木盛久」の名を不動のものとした。現在は熊谷志衣子氏が15代目鈴木盛久の名を継承。16代目を継ぐ鈴木成朗氏とともに、現代の暮らしになじむ鋳物製品をつくり続けている。

 

“鈴木盛久工房”のブランドストーリー
「400年続く伝統と革新の結晶(南部鉄器)」

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

Search

Shopping Cart

Your cart is currently empty.
Shop now